安全に暮らすためにもマンション大規模修繕工事は必須!

作業員とマンション

マンション大規模修繕工事が必要になるタイミングとは?

工事中のマンション

マンションは、定期的なメンテナンスを行う事で住民が安心して永く住み続ける事が出来ます。しかし、築10年を超えてくると建物の様々な部分に劣化が見られる様になり、そこで暮らす住民は不安を覚えて来ます。その為、国土交通省は築12年を目安としてマンション大規模修繕工事を推奨しております。このマンション大規模修繕工事は、マンションの劣化を防ぐ事は勿論ですが、そこに暮らす住民の安全を守る意味でも欠かす事が出来ません。しかし、立地条件等によっては国土交通省が推奨する期間以外でもマンション大規模修繕工事が必要になる場合が有ります。マンション大規模修繕工事は、専門業者へ依頼する事で実施出来ますが、マンションの各部位によって修繕時期の目安は異なります。主な修繕箇所としては、マンションの屋上や屋根の塗装や補修は11年から15年が目安、屋上や屋根の防水工事は21年から25年を目安とします。又、マンションの外観の修繕としては、外壁塗装の場合11年から18年、外壁がタイル貼りの場合の修繕は12年から18年を目安とします。更に、住民の目には見えない部分とした排水管や給水管等が有りますが、5年に1度の割合で高圧洗浄等を行い各管の中を綺麗にすると共に、30年に1度は排水管や給水管の交換を行う修繕が必要になります。

マンション大規模修繕工事は専門業者に頼んで計画的に進めよう

マンションを所有している大家の方は、定期的にマンション大規模修繕工事を行わなければいけません。
マンションの安全性や価値を保つためにもマンション大規模修繕工事は避けて通れないものですが、新築でマンションを購入した場合、だいたい10年を目安にしてマンション大規模修繕工事を行いましょう。
マンション大規模修繕工事を行うなら、修繕工事の専門業者へ依頼して、マンションをしっかり修繕してもらいましょう。
マンション大規模修繕工事というと、工事の範囲が広いですし、マンションの築年数によっても修繕すべき箇所が増えていくので、専門業者に相談しながら、修繕工事場所を決めていくと良いでしょう。
修繕工事の専門業者に相談すれば、計画的に大規模修繕工事が行えますので、マンションの住人の方々にも事前に報告ができて、迷惑がかかることがありません。
大規模修繕工事を行えば、安全性が増すだけでなく、外観や内観が綺麗になり、マンションの見た目が良くなります。さらに、色々な付加価値が付いてマンションの資産価値が上がるという可能性もあります。
マンションのオーナーの方は時期が来たら是非、専門業者を利用してマンション大規模修繕工事をしてください。

マンション大規模修繕工事は管理会社に任せず独自に専門業者を委託

賃貸マンションのオーナーの方や管理組合の方、マンション大規模修繕工事はまだまだ先のことであり、管理会社に任せれば問題ないと考えていませんか?マンション大規模修繕工事に対応するため、毎月の積立を行っていたとしても工事を委託する業者では予想外の見積金額を提示することもあります。当初想定した金額では足りず、借入や臨時徴収で対応とならないためにもマンション大規模修繕工事は専門業者へ依頼するのがおすすめです。
マンション大規模修繕工事を管理会社に任せた場合、手間がかからず、安心できる大手ゼネコンに委託できると考えてしまいます。確かに大手ゼネコンに依頼でき安心できるようには思えるものの、あくまで元受けとなり、孫請けどころかそれより先に委託工事業者が増え、中間マージンによるマンション大規模修繕工事の費用が高額化してしまいます。ですが、専門業者の場合、元受けや子請けや孫請けなど請け負う業者が増えないよう、それぞれ専門とする業者を選定します。そのため、オーナーや管理組合が取り仕切ることで修繕工事費用が当初想定した金額に抑えられ積立金で賄うこともできます。マンション大規模修繕工事は12年スパンが一般的であり、次回の委託先はマンション大規模修繕工事が終わってから既に始まります。前回高額になってしまった際には直ぐにでも委託先を探して、以前の問題点も確認しておく必要もあります。

今では、大規模修繕は10年程度の間隔で行うケースが多くなっています。そうすると、あと3年は持つけど、次の修繕までは持たない、というような場所がどうしても出てきてしまいます。次の工事まで持たないのであれば、補修するしかありません。簡単に言えば、足場が高額であるために、余計な費用がかかってしまうのです。ですがマンション大規模修繕工事をしてくれる「ブランコマン」では、ブランコ工法で必要な場所だけを修繕でき、これによって足場費用だけではなく、施工費用全体の削減が可能になります。そういった事でも「ブランコマン」はお勧めです。

TOP