安全に暮らすためにもマンション大規模修繕工事は必須!

作業員とマンション

世帯数が少ない場合のマンション大規模修繕工事の概要

足場が組まれたマンション

世帯数が30程度の分譲マンションで大規模修繕工事を行うときには、住民間のコミュニケーションを緊密にすることから始めるべきです。住民間の対話を深めることで、マンション大規模修繕工事に向けた合意形成が円滑に進められるからです。また分譲マンションでは毎月修繕費用を積み立てているケースが多いですが、建物の劣化状況によっては費用が不足することもあります。そのようなときには専門業者へ依頼すると同時に、工事費用の見積もりと調達方法について考えるのがポイントです。特にタイル張りのマンションでは剥落状況の点検と修理に費用がかかるので、通常よりも請求金額が大きくなることもあります。しかし早めにマンション大規模修繕工事を行うと、将来的に発生する建物のトラブルを未然に防げるメリットもあります。また世帯数が少ないマンションで工事を行うときには、事前に居住者の意見を十分に活用することが重要です。そして資産価値が向上するようなマンション大規模修繕工事のプランを選ぶと、将来的な住まいの売却もスムーズに行えるようになります。また建物が古くなると居住者の高齢化も進みますが、そのような場合には修繕とセットでバリアフリー化工事も推進するべきです。

TOP